アクレダ銀行口座開設の主な問合せと回答への例


口座開設サポート内容

Q 口座開設サポートとはどのようなサポートですか

A 口座開設サポートは、個人口座の郵送申込または現地訪問申込、共同名義口座の郵送申込または現地訪問申込、既にアクレダ銀行口座をお持ちの方の(どこの口座開設サービスをご利用頂いていても可能です)VISAデビットカード申込、既にアクレダ銀行口座をお持ちの方のインターネットバンキング登録等です。

 

Q口座開設と定期預金を考えています。海外の口座開設は日ごとに難しくなっていますが大丈夫でしょうか。他に問い合わせてもSWIFTのある海外ある口座開設は不可との回答もあり心配です。

Aアクレダ銀行の普通預金口座開設・定期預金口座開設ができます。アクレダ銀行はSWIFTコードがあります。

 

Qアクレダ銀行以外の口座開設サポートはできるのですか。

Aアクレダ銀行以外の口座開設サポートは致しておりません。

 

Qアクレダ銀行の証券口座開設のサポートはできますか。

A 証券口座開設のサポートは致しておりません。

 

Q詳しく聞きたいので電話番号を知らせてほしい。

Aご案内させて頂きます。

 

プライバシーポリシー

Q 口座開設を申込んだ書類のセキュリティーはどのようにしておられるのですか。

A お申込者様の情報は口座開設後1か月でお名前・メルアドを除き消去させて頂いております。

 

アクレダ銀行とは

Q アクレダ銀行はどのような銀行ですか。  

A アクレダ銀行はカンボジア最大の銀行で、日本から三井住友銀行が18.25%、オリックスが12.25%の資本を出資しています。

 

Q アクレダ銀行の口座情報は各国に自動交換されるのですか。

A OECD加盟国においては金融口座情報の自動交換が始まりますが、カンボジアはそのOECDに加盟していません。

(外務省 OECD「経済協力開発機構」加盟国)  

(国税庁 非居住者に係る金融口座情報の自動交換のための報告制度導入について)

 OECDの金融活動作業部会の活動報告 

 

Qアクレダ銀行で口座開設を頼みたいのですが通貨はなにですか。

Aアクレダ銀行の口座通貨はUSDです。

 

現地を訪問しての口座開設申込

Q 現地申込の内容を知りたい。

A 口座開設場所は、プノンペンのアクレダ銀行の支店か本店かななります。銀行の状況によりますので都度ご案内させて頂きます。原則10日前に事前申込書をお送り頂きサポート料をお支払いください。

現地でのお申込の場合は「パスポート認証」書類は不要で、各種口座開設申込書類は代行作成し現地でお渡しさせて頂きます。

インターネットバンキングは帰国後トークンが送られてきますのでトークンで最終手続きを完了してください。

宿泊費・交通費はご負担ください。

 

Q 現地口座開設で現地で別に費用はいりますか?

インターネットバンキングは直ぐにつかえますか?

VISAデビットカードは当日発行ですか?

 

A現地口座開設サポート料$500・年間サポート料$88をお支払い頂いてますので、口座開設にご入金頂きます$100以上と、通帳発行を希望される場合は$3がいります。

インターネットバンキングは帰国後トークンが送られてきますので最終手続きを完了してください。

VISAデビットカードは口座開設お申込み後1~2か月でお申込みの住所に届きます。

 

Q現地口座開設にはどの程度の時間が必要ですか。

A口座開設とインターネットバンキング登録まで約2時間です。銀行は7時半から16時が営業時間ですが早朝はアテンターの都合と午後は万一口座開設の時間が長引いた場合のリスク防止から原則9時頃からでお願いしています。

 

現地アテンド

Q現地アテンドは現地の方なのですかそれとも貴社がアテンドされるのか、言葉はどうなのですか。

A現地カンボジアで口座開設サポートの会社があります。その社員は多数の口座開設サポートを経験しており、日本語が話せ・日本語が書けますのでご安心ください。

 

Q M月D日にカンボジアに行く予定がありますが現地で口座開設はできますか。

A 口座開設申込書一式の代行作成・アテンダーの調整がありますので、口座開設希望日の10日前には口座開設事前申込書の提出とサービス料のお支払いをお願いしております。サービス料をお支払い頂きましたらアテンドM月D日〇時のアテンド確定のご連絡をさせて頂きます。

 

Q 現地での口座開設の所要時間は。

A 早ければ1時間半で終わりますが、窓口の混雑具合にもより平均で2時間かかります。

 

宿泊ホテル

Q プノンペンのホテルを知りたい。

A アクレダ銀行本店近くのホテルは Phnom Penh Hotel があります

Phnom Penh で日本語対応可能なホテルはこちらです。

 情報範囲ですのでご確認の上お申し込みください。

 

郵送申込の方法について

Q 渡航せずに郵送でアクレダ銀行に口座開設と定期預金を申込むことができますか。

A できますので、最初に普通預金口座を郵送でお申込みして頂き、そのご定期預金書類をお送りさせて頂きます。

 

Qでの口座開設にいくらかかりますか。

A郵送申込口座開設サポート料$1,000・年間サポート料$88・最小預金$100以上です。

通帳発行を希望される場合は$3がいります。

郵送申込の場合はインターネットバンキングは申込めません。

VISAデビットカードは口座開設お申込み後1~2か月でお申込みの住所に届きます。

 

Q郵送申込は現地での申込に比べなぜ高いのですか。

A郵送申込の場合は、日本国内で認証頂きましたパスポート認証書類をカンボジアNotary Public(公証役場)で再認証し提出します。また、申込書一式もカンボジアNotary Public(公証役場)で認証済ませてから銀行窓口に提出します。この実費とサポーター費用が含まれ現地申込より高くなります。

 

Q 郵送申込での口座開設・VISAデビットカード発行までのどの程度の期間がかかりますかかりますか

A 口座は銀行に申込書着後最短7営業日程度で開設されますが平均2週間とお考えください。デビットカード発行まで約12ヵ月です。

 

Q なぜ現地銀行を訪問せずに郵送で海外銀行口座が開設できるのですか。

A カンボジアには日本人の現地スタッフが常駐しアクレダ銀行と緊密に連絡しております。

まだカンボジアはOECDに加盟しておりませんので加盟国に比べて口座開設がし易いです。

また、カンボジアのNotary Public(公証役場)での手続きや、アクレダ銀行宛てに口座開設・デビットカード発行に必要な書類を記入代行させて頂き、代行申請する体制があります。

 

共同名義口座

Q夫婦での共同名義口座を検討しています。その時VISAデビットカードの発行はどうなるのでしょうか。

A 共同名義口座の開設は可能です。VISAデビットカードは夫々のお申込み者様に発行されます。

 

Q共同名義口座は何歳以上か申し込めますか。

A共同名義口座・普通預金口座共20才以上のお申込みになります。

 

法人口座

Q 法人口座は開設できるのですか。

A 法人口座開設のページを参考にしてください。

特徴は、日本法人様(海外法人様も可能)がカンボジアに法人を設立することなく法人口座を郵送で申込めます。

お問合せ頂きましたら お申込⇒書類作成⇒ご利用まで全てを担当がサポートさせて頂きます。

法人口座は、法人の設立国・法人の形態・書類の言語などによりサポート費用がすべてことなります。

この為、法人関係書類を提出頂いてから費用・追加資料など個別にサポートざせて頂くことになります。

 

VISAデビットカード

Q 他社でアクレダ銀行口座開設をしました。VISAデビットカードの有効期限が切れますので手続きはできますか。

A 事務費$50と年間サポート料$88でサポートさせて頂きます。VISAデビットカード申込書をお送りしますので署名しお送り下さい。

 

Qアクレダ銀行のVISAデビットカードの期限が切れます。口座開設をサポートしてもらった会社はサポートをやめ、銀行に電話すると本人が銀行まできて手続きを取らないと再発行できないと言われてます。サポートできますか。

A サポートさせて頂きます。

 

Q現在海外に住んでいますので、申込は日本住所ですが現在住んでいる海外に送れますか。

AVISAデビットカードはカンボジアのサポーターが受取りご指定の住所にお送りさせて頂くことができます。日本国内へのVISAデビットカード郵送料はサポートセンターが負担しますが、日本以外への郵送は実費負担をお願いします。

 

Qアクレダ銀行発行のVISAデビットカードを持っているのですがアクティベートせずにそのまま持ってます。サポートしてもらった会社と連絡つきませんのでサポートしてもらえますか。

A サポートできますが事務費$50・年間サポート料$88がかかりますのでご検討ください。

 

Q アクレダ銀行口座はあるがVISAデビットカードをもっておらず発行申込できますか。

A できますので、VISAデビットカード発行事前申込書をお送りさせて頂きます。

 

QVISAデビットカード郵送先はどこになるのですか。

A 申込み頂きました住所に郵送されます。申込住所以外にも郵送はできますので事前にご連絡をお願いします。日本国外への郵送には実費をお支払い頂きます。

 

アクティベート方法を知りたい

Q デビットカードのアクティベートとは何のことですか。

AVISAデビットカードはセキュリティーの観点から利用できない状態で届きます。

カードが届くころにアクティベーション(カードを使えるようにする)方法についてのメールをさせて頂きますので、指定された文を誤字なく、申込書記載のメルアドから、指定された宛先に送信してください。

 

Q アクティベート出来たかはどうしてかくにんできるのですか。

AVISAデビットカードがアクティベート(利用できる状態)の確認は、セブン銀行ATMでVISAデビットカードを使い「残高確認」をしてください。正しく残高確認ができればアクティベートされています。

 

Qアクティベート出来ないが理由が解りますか。

Aご案内させて頂きましたメール内容に従い、指定メルアドにご案内させて頂きました文をお送りください。この時に、ご登録されたメルアドから一字間違うことなく送ってください。3~4日経過しまだアクティベーションできていなければご連絡ください。

申込登録されたメルアド以外からメールを送信すると他者からの送信としてアクティベートされません。

 

Qアクレダ銀行のVISAデビットカードを持っているのですが使えないのはなぜでしょうか。

A口座開設サポートを依頼された会社に問い合わせて頂くのも一つです、カードが使えるかどうかはセブン銀行ATMで残高

確認ができれば使える状態です。使えない状態であればサポートできますのでご連絡ください。

 

インターネットバンキング

Qインターネットバンキングでみる残高と、セブン銀行ATMで見る残高か僅かに違うのは何故ですか。

A インターネットバンキングの残高はその時の口座残高です、セブン銀行ATMの残高は円で管理されてますので円で管理されている残高をセブン銀行が採用している為替レートで表示されるため若干ことなります。

 

Qネットバンキングでの送金上限は幾らですか。

A1日当たりの送金額上限が3万ドルに制限されます。

 

Qアクレダ銀行口座はあるがインターネットバンキングを申し込めますか

Aできますので、インターネットバンキング事前申込書をお送りさせて頂きます。

 

定期預金

Q現地訪問した時に定期預金は申し込めますか。

A 最初に現地で普通預金口座開設をして頂きます、その時に現地サポーターが持参します定期預金申込書に署名だけを済ま せて頂きサポーターに渡してください。帰国され普通預金口座に定期預金額を入金して頂き定期預金額・定期預金コースをサポーターに連絡してください。サポーターが定期預金申込書を銀行へ代行申込します。

 

Q定期預金を組む方法を知りたい。

A 最低預入金額は500ドル以上から定期預金を組むことができます。

年間サポート料の個人$88をお支払い頂いておりましたら日本語対応のサポートセンターが申込書準備から手続きまで全てを無料で代行させて頂きます。

定期預金の利息は定期預金コースにもより、満期時・毎月・3カ月に一度などがあり自動的にお客様の普通預金口座に入金されます。

 

口座凍結

Q口座凍結された場合の解除方法を知りたい。

 A1年間取引がない場合は、口座は凍結されてしまいますが解除を求める場合、アクレダ銀行にメールで依頼をすれば、解除手続きができます。

※手数料として5ドルかかります。 定期預金を契約している場合は手数料はかかりません。

 

パスポート認証

Qパスポート認証とは何のことですか。

A銀行口座開設には原本提出をもとめられます。しかし、海外の銀行にパスポートそのものを提出する事はできませんので、国の有資格者(公証役場)にパスポートを持参し、パスポートの写し(コピー)を作成しその写しは本物の写しである旨を有資格者が証明し「これは本物の写しに間違いありません」という一筆を署名された書面のことです

 

サポート料支払い方法

Qサービス料のお支払い方法を知りたい。

Aクレジットでのお支払い・振込が選べます。

振込はご案内させて頂きますマレーシアの運営会社口座に送金して頂き確認用として送金伝票のコピーをメールでお送りください。

クレジット決済は当日の為替レートで円に換算したクレジット決済画面をお送りさせて頂きますので必要事項を入力の上決済してください。

 

ビジネス

Q資産運用アドバイザーをしていますが会員にアクレダ銀行口座開設を勧めたいが。

Aお申込み者様が多数想定される場合はできるだけ簡素化された申込方法を打合せて頂きます。